本文へスキップ

山口・湯本温泉 楊貴妃浪漫の宿 −玉仙閣−

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0837-25-3731

ご予約はこちら
湯本温泉、玉仙閣

楊貴妃伝説

より多くの方々に楊貴妃伝説の面白さを解っていただくために、紙芝居を制作いたしました。
楊貴妃の生い立ちから、なぜ山口県で「楊貴妃」なのかを楽しみながら学ぶことができます。


楊貴妃の愛した湯

1988年7月3日付けの朝日新聞に楊貴妃、お風呂
「楊貴妃のお風呂が発掘された!」という記事が掲載され
ました。発掘された場所は、中国の古都西安市の東約30キ
ロメートルに位置する華清池です。

唐の詩人白楽天の「長恨歌」は、玄宗皇帝と楊貴妃の睦み
あう姿を
  
   春寒くして浴を賜う華清の池
   温泉水滑らかして凝脂を洗う
   侍児扶け起こすも嬌として力無し
   始めて是新たに恩沢を承くる時

とつづりました。

現在は秦の始皇帝の兵馬俑博物館も近く、観光地として賑わっています。
玄宗皇帝と楊貴妃は毎年10月になると長安から大行列を連ねてこの華清池にやってきました。
玄宗皇帝と楊貴妃の最初の出会いの場でもあり、楊貴妃が温泉のあるこの華清池が大好きであったからです。

華清池には離宮が築かれ、玄宗皇帝は毎年一ヶ月間、華清池で執務をとったといわれています。
昔から「華清池には楊貴妃専用の浴室があり、その浴槽は花弁を形どったものだ」と言い伝えられていましたが、
言い伝えどおり発掘された浴槽は唐の時代のものであり、
浴槽を構成しているたくさんの石のひとつに「楊」の文字が刻まれていました。
しかも伝承どおりに花弁の形をしていたので、楊貴妃が愛用入浴した風呂であることが確認されたのです。
発掘された風呂は青い切り石が花びら形に2段に組まれており、
東西約3.6メートル、南北約3.9メートル、深さ約1.2メートルで、
底からは噴水となって湯が涌き出る仕組みとなっています。
2ヶ所には階段があり、ここから出入りしたと思われます。
この貴妃湯跡の他、5つの浴槽が発掘され、当時の皇帝の強大な権力がしのばれます。

忠実に再現

当館では発掘された楊貴妃の浴槽を元に「貴妃湯」を
楊貴妃、お風呂 忠実に再現いたしました。

その玉座に座れば絶世の美女と謳われた楊貴妃の気分を
ご堪能いただけます。






店舗写真

information店舗情報

玉仙閣

〒759-4103
山口県長門市深川湯本1234
TEL.0837-25-3731
FAX.0837-25-3732
→アクセス